仏壇と宗派の関係性
2016.12.20

subimg05仏壇はどれも同じ様に見えるかもしれませんが、実際には宗派によっても利用するタイプが変わってきます。仏教と言う大きなくくりで考えればどれも同じ様に見え、さらに法事や葬儀の時しか仏教に触れる事がなければ、どれも同じ様に見えてしまう事は仕方がない事だという事もできます。しかし実際にはいくつかに分かれているのが実情です。そのため、そこに安置する御本尊も違い、さらにその教義も違っています。勿論お経も違っており、仏教と言うまとまりでは同じですが、実際には大きな違いがあります。だからこれらの関係性を知らないままでは正しく必要な物を購入する事もできません。

実際に購入する時は、専門のお店で購入する事になりますが、その時に宗派は何か、と言う事をとわれます。その理由は、どこでも同じ物を利用する事が出来る訳ではないから、と言うのが大きな理由となっています。仏壇自体だけでなく、そこに安置する御本尊が違っているので、お店側としてはどれなのかを問い、その答えに合わせて用意する事になるからです。だから知らなかった、分からなかったという事になってしまうと、その時点で購入がストップしてしまう事になりかねません。また、実際にどの御本尊を祀っているか、と言う事を知る事は、自分の先祖に関して理解する事にも相通ずるものが有ります。ただ、現在では親族との関係も希薄になっている所も有り、なかなか宗教に関して知らない人もいるかもしれません。実際には自分の両親、若しくは親族に問い合わせる事によって御本尊が何かを知る事が出来ますが、後は法事等の時にどういったお経を唱えていたか、と言う事でも明らかにする事は可能です。

現在では仏壇を購入するのは実店舗だけでなく、通販を利用する事も出来るようになっています。しかしそれ程仏教に関してよく理解していない状態では、どれを選ぶと良いか分からないという人も少なくありません。正しい物を購入する為にも、また自分たちの予算に合った物を購入する為にも、通販の比較サイトを利用する方法も有ります。このサイトにはただ単にどのような商品が有るかと言う事を紹介しているだけでなく、宗派による違い、関係性に関しても言及しているため、知らなかった内容を理解する事が出来るようになっているからです。勿論自分の必要とする物も購入する事が出来るので、より納得した状態で必要な物を手に入れたいと考えている時にも十分利用する事が出来るサイトとなっています。

▲ ページトップへ