ライフスタイルに合った仏壇選び
2016.12.20

subimg02仏壇は仏教の信仰の対象としてご本尊を祀り、安置します。それと一緒に故人の位牌も祀ってお線香をあげたり、食事をお供えしたりして日常的に礼拝を行い、故人を供養する場ともなっています。仏壇の形や祀り方などは宗派によって異なります。購入するのは仏具店に行くのが一般的ですが、新しく購入する場合には檀家となっている寺院があれば住職などに相談することも必要かもしれません。購入の際にはご本尊や位牌、仏具なども一緒に用意します。

仏壇は使用している材料や加工のしかたによって大きく2種類に分かれます。塗り仏壇、金仏壇と呼ばれる伝統的なものと、唐木仏壇と呼ばれる木目を生かしたシンプルな形のものとなっています。伝統的なものは仏間に置いたりするタイプで、大きいものが多いので広い場所を必要とします。また、金額も決して安くはありません。そして最近はシンプルな形のものが増えており、大きさも棚やタンスの上に置くことができるコンパクトなタイプの仏壇も多くなっています。現在の住宅は、新しく建築された家やマンションなどでは特に仏間や和室がありません。伝統的な仏壇を洋間に置くことに躊躇する人も多いので、最近はデザイン、場所などにおいて、ライフスタイルに合った仏壇選びという考え方が主流となっています。

最近多く出回っているコンパクトなタイプの仏壇は、洋間に置いても決しておかしくはない家具調のものなども多く販売されています。ライフスタイルに合った仏壇選びをする上で条件となることはほとんどありません。自宅の状況に合わせてできるだけコンパクトで場所をとらないものを選ぶ、置いてある家具に混ざっても決してそこだけ浮いているような感じにはならないものを選ぶなど自由に選択することが可能です。ただ、購入するために店舗へ出向く前には、どこに置くかということだけはきちんと決めておくことが重要です。いくらコンパクトな仏壇も多くなっているとはいえ、どの仏壇も一定の大きさは必要です。棚やタンスに置く場合でも、その場所の広さは必ず測ることを忘れないようにすることが必要です。また、広さ以外にも場所としては日航が直接当たったり、キッチンの調理する場所に近くや湿気が多いところなどは仏壇が傷みやすいのでできるだけ避けたほうが良いでしょう。仏壇は購入して配置するだけではありません。それから毎日が故人となった家族と交流することができる場所となるということも踏まえて仏壇選びを行うことが大切です。

▲ ページトップへ